メニュー

ヘルメット治療について

赤ちゃんの頭の骨構造は、成長とともに脳の発達に合わせて変化します。通常、骨の成長に合わせて頭蓋骨の縫合部が閉じ、頭の形状が整いますが、時折、頭蓋骨の早期癒合症や寝癖による形状の変化などが問題となります。

過去、日本では適切な矯正装具が不足しており、ご両親は市販の「ドーナツ枕」やタオルを使用して頭の形を調整しようと努力していました。一方、欧米では赤ちゃんの頭の形状を矯正するためにヘルメット治療が行われ、その効果が数多くの報告で示されています。

使用するヘルメットについて

日本の気候やアジア人の皮膚に合わせて設計された「アイメット」と「クルム」というヘルメットは、頭蓋骨矯正に適しています。通常、ヘルメットを装着する適切な時期は生後約6ヶ月前後です。

監修者の市村医師が運営している医院ではジャパン・メディカル・カンパニー社と提携し、「アイメット」と「クルム」による頭蓋骨矯正ヘルメット治療を行っており、これまでに10,000症例以上の成功事例があります。

これらのヘルメットは頭蓋骨に陽圧をかけず、長軸方向の成長を促進し、頭蓋骨の形状を矯正します。治療の適正な時期は生後2-6か月とされており、治療効果を最大限に引き出すために長時間の装着が必要です。

治療にかかる費用については、詳細はウェブサイトに詳細がございます。初診予約は1歳未満の乳児のために用意されており、通院の手続きがスムーズになるように工夫されています。

ヘルメット治療の費用について

医療法人慶真会が行っているヘルメット治療

上記のヘルメットを用いて治療をおこなうだけでなく、患者さんへのサポートとして、遠方から新幹線や飛行機で来院される赤ちゃんのために初診から3D計測を一日で終わらせることのできるオプション(メディカルツーリズム)を提供しています。治療成績は優れており、ご両親の満足度も高いです。

ヘルメット治療初診の予約(川崎院)

ヘルメット治療メディカルツーリズムの予約(川崎院)

 

ヘルメット治療の適切なタイミングとは

データによれば、ヘルメット治療は適切なタイミングで開始することが重要で、特に初めの3か月間の装着が治療効果を高めることが示されています。また、装着時間も治療効果に大きく影響し、長時間装着していることが成功の鍵です。

総括すると、赤ちゃんの頭蓋骨矯正ヘルメット治療は日本でも効果的な方法として広く受け入れられており、適切な装置とタイミングが成功の鍵となっています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME